現在投票中

現在投票中
現在以下の応募作品に関して投票を行っています。

<投票方法>
それぞれの候補の作品名をクリックしてください.
そこに現れる"投票する"というボタンをクリック.
それぞれの作品を1〜10段階で評価してください.



「日本の雪と氷100選」候補を引き続き募集しています.

詳しくは【こちら】をご覧ください.

雪氷百選 >> > 陸羽東線の歴史的雪崩防護壁

[<   樹氷 阿仁スキー場 白川氷柱群(長野県木曽町井原) 立山・剱岳の現存する氷河 陸羽東線の歴史的雪崩防護壁 陸羽東線堺田駅の防雪林 新庄盆地の凍雨 月のハロ   >]

陸羽東線の歴史的雪崩防護壁
陸羽東線の歴史的雪崩防護壁 ( 90.5 KB )

新庄—小牛田間を結ぶ陸羽東線は,1917(大正6)年11月に開通しましたが,その翌冬は新潟県三俣集落と山形県大鳥鉱山で,我が国で犠牲者数1,2位となる大雪崩が発生した年でもありました.陸羽東線でも多数の雪崩により不通が相次いだことにより,雪崩防護工の設置が順次進められました.大正年代の雪崩防護工が未だにその役目を果たしているのは貴重です(2004年12月23日撮影).


ヒット数 2774   コメント数 0     8.5833 8.58 (投票数 12; _S_NUMVOTES2) 投票する 投票する 高ヒット
タグ

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

execution time : sec